[PR]

 米エール大学の講義「心理学と良き人生」(Psyc157)の履修登録受け付けが始まって数日後の1月12日、登録者は約300人に達した。その3日後には2倍に増えた。さらにその3日後になると、約1200人に膨れ上がった。エール大学の全学部生のざっと4分の1が履修登録したことになる。

 この授業は、心理学が専門で同大全寮制カレッジの学部長の一人、ローリー・サントス教授(42)が担当する。週2コマのコースを通じて、いかにして幸せで満足のいく生活を送るかについて講義する。

 「学生たちは自分自身の変化を求めている。もっとハッピーになりたい、キャンパスでの生活文化を変えたいと望んでいる」。ニューヨーク・タイムズのインタビューにサントス教授は答えた。

 「エールの学部生の4人に1人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも