[PR]

 羽生結弦(ANA)が13日午前、平昌五輪のフィギュアスケート会場・江陵アイスアリーナで記者会見に臨んだ。全ての一問一答は次の通り。

 ――はじめに羽生選手からコメントをいただきます。

 「えっと……(数秒ためて)コメントと振られてもどうしたらいいか分からないんですけど(笑いながら)、とりあえず、けがをしてから3カ月間、本当に試合を見るだけだったし、スケートも滑れない日々が長くて、すごいきつい時期を過ごしましたけど、こうやって無事にオリンピック会場でメインのリンクで滑ることができてうれしく思います。まだまだ試合が始まったわけではないですし、気を緩めるつもりはないですけども、しっかりと集中しながらできることをちょっとずつやっていきたいと思っています」

 (ここで通訳が英語に訳し、関係者が質疑に移ろうとしたところで羽生がマイクを持った)

 「もう1個だけいいですか。本当に自分がけがをして苦しい時期もですけど、本当に年が明けてからも、たくさんいろいろな方々から、応援のメッセージをいただきました。そして本当に感謝の気持ちで今いっぱいでいます(ここで声が優しくなる)。まだ試合が終わっていないのでこういうのもちょっと変かも知れないですけど、たくさんのメッセージをありがとうございました。そして、メッセージの力も自分の力、演技につなげたいなと思います」

 ――過去も未来も関係ないとお…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも