[PR]

 国外逃亡中のタイのインラック前首相と兄のタクシン元首相が最近、日本に一時滞在していたとタイ政府関係者が朝日新聞の取材に明らかにした。すでに日本を離れ、香港に移ったという。昨年8月、自らの最高裁判決が出る直前に国外に逃れてから、インラック氏が日本を訪れたのは初めてとみられる。

 訪日の目的は不明。インラック氏とタクシン氏は、北京で撮影したとされる写真が出回り、ドン外相が12日、北京にいたと認める発言をした。さらにプラウィット副首相兼国防相が同日、訪問先のラオスでタイメディアに、2人が中国から日本に向かったと述べた。

 首相在任中のコメ政策をめぐり職務怠慢罪に問われていたインラック氏は国外逃亡後、中東のドバイを経て英国に滞在していることが明らかになっている。(バンコク=貝瀬秋彦)

こんなニュースも