【動画】ご当地キャラのうどん脳がウルトラうどんマラニックの大会名誉会長に就任した=林紗記撮影
[PR]

 瀬戸内海などの景色をめでながらピクニック気分で約60キロを走り、道中でうどん店6軒に立ち寄る「ウルトラうどんマラニック」が3月、高松市である。

 地元のマラソン愛好家が中心になって企画。来年の本格開催に向けて35人が試走する。13日には、ご当地キャラ「うどん脳」が大会名誉会長に就任した。

 序盤の店では温かいうどん、体がほてる中盤は冷たいうどん。カレーうどんなどの特別メニューも準備中だ。担当者は「うどんがのびる前に完走してね」。(福井万穂)