[PR]

 甲府市の保育園児、伴野嶺(ばんのれい)ちゃん(6)が12日に「山梨百名山」を踏破した。最後に残った杓子(しゃくし)山(1598メートル)に登頂すると、「着いた!」と歓声をあげて跳びはねた。この日は快晴。富士山を望む見晴らしに「やった、家も見える」と喜んだ。

 急斜面や岩場を越えて約3時間かけて山頂へ。同行した10人余りの登山仲間が「おめでとう」と祝福し、今春、小学校に上がる嶺ちゃんにランドセルの目録を贈った。

 4歳の時、母の直美さん(43)とともに挑戦を始めた。行きつけの飲食店ナチュラルグレース(甲府市)のイベント「山頂パスタ会」で、小楢山(1713メートル)に登ったのがきっかけだ。県が選定した山梨百名山があることを知り、興味を持った。100座目に同行した店のオーナー三村正治さん(60)は「かわいい孫のように思っている。短期間でここまでよく頑張った」と目を細めた。

 山梨百名山は、ほぼ垂直にそびえる鎖場をよじ登る鶏冠(とさか)山(2115メートル)など「四天王」と呼ばれる難ルートを含む。登山ガイドが同行し、安全確保のロープを体に結わいたが、登り下りは自力だ。

 直美さんは足がすくわれるような川の渡渉などがない限り、おぶったり手を引いたりはしない。「足元をよく見なさい」「凍ってるよ」と要所で声をかけ、その都度、「はい!」と元気な声が返ってくる。この日は嶺ちゃんも、木が横倒しになっている箇所で「ここ要注意!」「きつい? 大丈夫?」と、同行した大人たちに注意喚起やいたわりの言葉をかけていた。

 昨夏から計4回同行した植物ガ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら