[PR]

 緩和ケアというと、日本では「がん患者のためのもの」というイメージが強いですが、世界保健機関(WHO)は「すべての疾患に対して提供されるもべきもの」と位置づけています。厚生労働省も、心不全を中心に、がん以外の緩和ケア体制を整備するため、有識者による作業チームを立ち上げ、昨年から本格的な議論を始めました。そんな中、17日に千葉県鴨川市で開かれる千葉緩和医療学会では、「すべての人に緩和ケアを」を趣旨とした「鴨川宣言2018」が採択される予定です。米国での緩和ケア診療経験があり、海外の緩和ケアの状況に詳しい、大会長の関根龍一・亀田総合病院疼痛(とうつう)・緩和ケア科部長に、ねらいを聞きました。

緩和ケア、すべての患者のために

――「鴨川宣言2018」の内容を教えてください。

 「緩和ケアを必要とするすべて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら