[PR]

高梨沙羅選手を支える女子ジャンのプ先駆者 山田いずみさん(39)

 5年前から個別指導してきたノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手(21)が12日、平昌五輪で日本女子初の銅メダルを獲得した。「頑張った。かっこよかったよ」。頭をなでて抱きしめて、泣き合った。

 札幌市出身。友達に誘われて見た大きな飛躍に魅せられ、小学1年で競技を始めた。1999年に始まった欧州での国際大会に参加するまで、男子に交ざって飛んだ。当初は更衣室もなく、着替えはトイレだった。

 09年に引退、13年に日本代表初の女性コーチに。その年、「精神的な支えになって欲しい」と高梨選手の母からも頼まれた。本人に確認してから引き受けた。

 モットーは「自分が現役時代に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも