[PR]

 がん検診の利点は、早期発見と治療でがんで亡くなる人を減らすことが期待できることだ。患者のQOL(生活の質)の低下を防ぎ、医療費を抑えることにもつながる。

 ただ、検査には被曝(ひばく)や出血などの不利益も伴う。がんではないのにがんを疑われる「偽陽性」と判定されると、精神的負担になるだけでなく、本来なら不要な検査を受けることになる。

 国立がん研究センターの斎藤博・検診研究部長によると、乳がん検診の受診者1千人中、陽性の判定は76人。そのうち精密検査でがんが確定したのは3人で、残りは偽陽性だった。

 成長が遅いなど、放置して構わ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら