写真・図版

[PR]

 京都大と米シンシナティ小児病院の研究グループが、活動中に体温を下げて、休息や睡眠をもたらす遺伝子を、ハエとマウスで特定した。マウスと同様のしくみを持つヒトでは午後に眠気を促している可能性があるという。13日、米科学誌「ジーンズ・アンド・ディベロップメント」に発表した。

 体温は就寝時に下がり、活動時に上昇するなど一日のなかで一定のリズムを持つ。京都大の土居雅夫准教授(神経生理学)らのグループは、脳の神経細胞の表面にある「カルシトニン受容体」の遺伝子に着目。この遺伝子の働きをなくしたマウスを作ったところ体温がほとんど下がらなかった。マウスの体温は、活動中でも特定の時間になると一時的に下がることが知られていたが、この遺伝子が体温を下げるのに関わっていることが判明した。ただ、マウスが眠る時はこの遺伝子の働きと関係なく体温が下がっており、別のしくみが働いているという。

 外部の気温の変化とともに体温が変わるショウジョウバエの実験でも、類似の遺伝子が働くことを確認した。哺乳類と昆虫の祖先が分かれた約6億年より前から、共通の体温制御のしくみを持っていると考えられるという。

 土居さんは「ヒトも同様の遺伝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら