[PR]

 コブク郎 サルの「クローン」が誕生したんだってね。どういうこと?

 A 中国科学院の研究チームが先月、カニクイザルの体細胞(たいさいぼう)からクローン2匹(ひき)を誕生させたと発表したよ。クローンは、一卵性の双子(ふたご)のように遺伝的に同じ個体のことなんだ。2匹は別々の代理母のサルから生まれたけど、体細胞の持ち主のサルと同じDNAを持ち、顔つきや体格など見た目がそっくりだ。

 コ ほかの動物でもクローンはできるの?

 A 1996年に英国で、クローン羊「ドリー」が生まれた。哺乳(ほにゅう)類では世界初だった。ほかにも牛、豚(ぶた)、猫(ねこ)、犬などで体細胞クローンが生まれているよ。サルでもつくろうとした研究はあったけど、赤ちゃんが生まれるまではいかなかった。ヒトをふくむ霊長(れいちょう)類のクローンは初めてだ。

 コ どうつくるの?

 A 体細胞は、皮膚(ひふ)や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら