[PR]

 明治時代に日本で最も高い建築物として知られた浅草の凌雲閣(りょううんかく、浅草十二階)の基礎部分が、台東区浅草の工事現場で見つかった。基礎部分のれんがが一時、希望者に配布されたこともあり(現在は終了)、歴史ファンらが集まった。

 凌雲閣は1890(明治23)年に12階建ての展望台として建てられ、高さは約52メートルとされる(それより高いとの説もある)。日本初の電動エレベーターも設置された。いわば明治時代の「スカイツリー」で、庶民に親しまれ、多くの人が詰めかけた。1923(大正12)年の関東大震災で半壊し、その後解体された。

 今回見つかったのは、台東区浅草2丁目の解体工事現場。工事を請け負った会社の早川正吉代表は「地面を掘り起こしていたら地下かられんがの壁が出た。おかしな物が出た、火葬場か、などと話していた」という。区教委は「1981年に向かいの土地からも凌雲閣の遺構が見つかっており、今回もその一部とみられる」として、今月9日に測量や調査を行った。現場の保存などはせず、解体後はビルの新築工事が予定されている。

 ツイッターなどで遺構発見やれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら