[PR]

 東京都中央区立泰明小学校が、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」の標準服を新1年生から採用することについて、公正取引委員会の山田昭典事務総長は14日の記者会見で、「購入する方の負担をより軽減させる方策をとっていただきたい」と注文した。

 公取委は昨年、制服の価格が上昇傾向にあるのはメーカーや販売店との取引方法に関係している可能性があるとして、全国の公立中学校の状況を調査。制服が家計の負担にならないよう、価格を抑えるために学校側でできる取り組みをまとめ、11月に公表。中央区も含め、全国の教育委員会に送っている。

 山田事務総長は公取委の調査が公立中学校を対象としていたため、公立小学校の事例に「ただちにあてはまるものではない」としたうえで、提言が示したような「競争性に配慮するような考え方をとっていただくと、(保護者らに)より納得感があるものになるのではないか」と語った。

 泰明小の新標準服は、上着など基本の一式で4万円を超え、在校生が着る現標準服の2倍以上になる。(矢島大輔)