[PR]

 平昌五輪フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が14日、江陵アイスアリーナで行われ、五輪男子で66年ぶりとなる連覇を狙う羽生結弦(ANA)は最終グループの最初、25番滑走となった。宇野昌磨(トヨタ自動車)は28番、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は22番。メダルを争うネーサン・チェン(米)は26番、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)は29番、金博洋(中)は最終30番滑走。