[PR]

 平昌冬季五輪第6日は14日、ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルで渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続となる銀メダルを獲得した。日本勢の複合個人の最高成績は1994年リレハンメル五輪の河野孝典、2014年ソチ五輪で渡部暁自身が獲得した銀メダルで、渡部暁には今大会での金メダルが期待されていた。

ホッとしているのが半分、悔しさ半分

 「メダルを取れてホッとしてるっていうのが半分と、本当にあとちょっと自分が目指していたところにたどりつかなかった悔しさが半分という感じですかね」と話した。

 渡部暁は前半のジャンプ(HS…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも