[PR]

 安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、「北朝鮮は核を保有しているが、核兵器国とは認定していない」と述べた。首相はこれまで北朝鮮を「核保有国」と呼んできたが、この日は「核兵器保有国と核保有国を分けて答弁させていただく」とした。

 希望の党の後藤祐一議員から「現時点で北朝鮮は核保有国なのか」と問われ、答弁した。

 首相は「北朝鮮は核実験を既に成功させていることから、核は保有している」と指摘したうえで、「核兵器国というのは、核を核兵器として完全に使用できるようになっているかどうかということ」と語り、北朝鮮は核兵器国ではないとの認識を示した。

 首相はこれまでの国会答弁で、北朝鮮の対日政策について「核保有国が非核保有国を核の使用で恫喝(どうかつ)した」と発言していた。