[PR]

(14日、カーリング女子1次リーグ 日本10―5米国)

 初戦に出た日本女子の4人のうち、3人が初出場。だが、過度の緊張はなかった。初出場の一人、スキップ藤沢五月は「氷の上に立ったらどの大会も一緒なので、特別感はなかった」。米国のミスショットもあり、第3エンドまでで7―0とし、試合の流れを決定づけた。

 中盤は第6エンドで相手の最終投で石をはじき出されて3失点するなど追い上げられた。セカンド鈴木夕湖は「点差が離れて気が緩んでしまった」。

 8―5で迎えた第8エンドでは藤沢の最終投と米国の石が円の中心からほぼ同じ距離に並び、4度の計測を経て日本の得点に。勝利が決定的となった。

 主将で控えの本橋麻里は「チームで大きな大会をクリアしてきたのが自信にもつながっている」。大舞台にも落ち着きを失わず、好スタートを切った。(高浜行人)

こんなニュースも