[PR]

 平昌冬季五輪第6日は14日、スピードスケート女子1000メートルがあり、小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で2位に入り、高木美帆(日体大助手)が1分13秒98で3位に入った。この種目で日本女子が表彰台に立つのは初めてで、日本勢で銀と銅の二つのメダルを獲得。金メダルは1分13秒56のテルモルス(オランダ)で五輪記録を樹立した。

     ◇

 〈スピードスケート女子1000メートルを制したテルモルス(オランダ)〉 五輪新記録で優勝。「この日に向けて、様々なものを変えてきた。それが報われた。五輪女王になれて幸せ」