[PR]

 平昌冬季五輪で韓国と北朝鮮の融和ムードが広がるなか、日本も含めた子どもたちの絵を展示する「南北コリアと日本のともだち展」が16日、東京都千代田区で始まった。北朝鮮の核・ミサイル問題の影響も受けてきたが、主催者は「今こそ、素顔の一面を伝えたい」と意義を語る。

 2000年に南北首脳の対話が実現し、韓国の市民団体が日本側に声をかけてきたのがきっかけ。食糧支援のために北朝鮮を行き来していた日本のNGOが間を取り持った。日本、韓国、北朝鮮の小学生たちに毎年、「友だちへの自己紹介」をテーマに絵を描いてもらってきた。11年から中国の子どもも加わり、巡回で展示してきた。

 ただ、実行委員会の事務局を担う「KOREAこどもキャンペーン」事務局長の筒井由紀子さんは「国際情勢の変化に何度も影響を受けてきた」と振り返る。

 初めに平壌市内の小学校で渡された絵は故金日成(キムイルソン)国家主席の誕生日を祝う催しなど、子どもが素直に描いたものとは思えなかった。日本の朝鮮学校の児童が描いたサッカーで遊ぶ絵などを見せ、優劣を競い合うものでないことを伝えた。

 「今度会ったら一緒に縄跳びしよう」という日本の子どもの手書きメッセージなどで、緊張をほぐしていった。次第に友だち同士で遊ぶ絵が増えていった。

 当初は日本の外務省や、韓国の文化広報を担う韓国文化院の後援もあったが、02年の日本人拉致の発覚や、08年の対北強硬政策をとる李明博(イミョンバク)政権の誕生などでなくなった。離れていく市民団体もあった。平壌外国語大学の学生との交流のため、12年から日本の大学生も一緒に訪問するが、核実験やミサイル発射が繰り返され米国との軍事衝突の恐れもあった昨年は事務局メンバーだけにとどめた。

 国際情勢を緊迫化させる北朝鮮の行動に筒井さん自身、失望を感じることもある。「ただ、それが北朝鮮のすべてでもない。子どもたちの絵もあの国の素顔の一部。それを見て考えてほしい」

 今回は南北から各約25点、日本の約75点などを展示する。「アーツ千代田3331」で16~18日午前10時~午後6時。無料。問い合わせは実行委(03・3834・9808)。(清水大輔)