[PR]

 平昌五輪に出場していた日本の女子ジャンプチームが14日に帰国し、選手村の厳しいお風呂事情が取材の中で話題にのぼった。

 羽田空港で大勢の出迎えを受けた日本代表の4選手。その後の取材で「今、一番何がしたいか」と聞かれた伊藤有希(土屋ホーム)が、「温泉に入りたいです」と即答した。

 選手村の宿舎は、ジャンプの4人に、クロスカントリーとモーグルの選手を加えた6人部屋だったという。部屋にバスタブはあったが、肝心のお湯の出が問題だった。「(体が)温まる温度の水が出なかった。だから、まずは温泉に入りたいです」と伊藤。冬は零下30度にもなる北海道下川町育ち。寒さには慣れていても、試合で冷えきった体を温められない環境はこたえたようだ。

 岩渕香里(北野建設)も「シャワーのお湯が長続きしなくて、すぐに水になっちゃうので冷たかった」と振り返った。日本スポーツ振興センター(JSC)が設置する選手支援施設「ハイパフォーマンス・サポートセンター」の浴槽につかってしのいでいたことを明かし、「みんながお湯を使う時間は、足りなくなっちゃうのかな」と苦笑いしていた。(波戸健一)