[PR]

 外務省は14日、北朝鮮籍のタンカーと中米・ベリーズ籍のタンカーが東シナ海の公海上で、違法に積み荷を移し替えていた可能性があると発表した。

 外務省によると、海上自衛隊のP3C哨戒機が13日未明、中国・上海の東250キロ沖合で、タンカー2隻が止まった状態で数時間横付けしているのを発見。照明をつけていたことから、何らかの作業をしていたと判断した。同省は国連安全保障理事会の制裁を逃れるため、海上で船から別の船に積み荷を移す「瀬取り」をしていた疑いが強いとみている。同日、安保理北朝鮮制裁委員会に通報するとともに、ベリーズ国にも伝えた。

 制裁決議の徹底した履行のため、昨年末から朝鮮半島西側や日本海の公海上で米軍や海自などが警戒監視に当たっていた。1月下旬にも、北朝鮮籍のタンカーとドミニカ籍タンカーが「瀬取り」をしていた疑いがあることを海自が確認していた。