[PR]

 大阪市生野区の歩道に重機が突っ込み、下校中の児童ら5人が死傷した事故で、過失運転致傷容疑で逮捕、同致死傷容疑で送検された建設会社社員佐野拓哉容疑者(35)について、大阪地検は15日、鑑定留置を始めたと発表した。3カ月間の予定。

 地検は「自動車の運転に支障を及ぼす恐れのある心身の状態かを調べる必要があると判断した」と説明している。

 佐野容疑者は1日午後、重機で歩道に突っ込み、大阪府立生野聴覚支援学校小学部5年の井出安優香(あゆか)さん(11)=同府豊中市=を死亡させ、児童2人と教諭2人に重軽傷を負わせた疑いがある。逮捕当初、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と説明していた。