[PR]

患者を生きる・母子感染(記者の一言)

 子どもの食べ残しをお母さんが食べたり、同じ食器を使ったりすることは、子どもがいる家庭ならばだれしも経験があることだと思います。しかし、妊娠中にこうしたことをすると、おなかの赤ちゃんに難聴や発達の遅れなどを起こす恐れがあります。

 

 原因は今回の連載で紹介したサイトメガロウイルスです。このウイルスは多くが子どものうちに感染します。以前は成人女性の9割ほどが感染したことを示す抗体を持っていました。ただ、衛生環境がよくなったことなどで、近年はその割合は7割に下がってきており、大人になって感染することがあります。

 妊婦の場合、上の子から感染するケースが多いそうです。しかし、インフルエンザのような強い感染力はなく、子どもを避けるなど過度に心配する必要はありません。たとえ感染しても赤ちゃんに感染したり、障害が出たりするケースはごく一部です。

 妊娠中、こまめな手洗いや食器の共有を避けるなど、子どもの唾液(だえき)や尿が自分の口に入らないように少し注意するだけで、感染のリスクは大きく下げられます。こうした対策は、ほかの感染症への予防にもつながります。

 

 先天性サイトメガロウイルス感染症やネコのフンや生肉から感染するトキソプラズマ症などの母子感染については、患者会ができたほか、専門家による研究班により、啓発ポスターや注意点をまとめたパンフレットも作製されました。

 しかし、まだまだ啓発の必要性を感じます。私の妻も昨年、第2子を出産しましたが、妊婦健診などでウイルスについて注意を受けることはなかったそうです。

 

 「こんな思いをする人を二度と出したくない」。今回取材させていただいた神奈川県茅ケ崎市の相原知子さんの言葉を胸に、これからも取材を続け、多くの人に知ってもらえるよう報じていきたいと思います。

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールする へお寄せください

<アピタル:患者を生きる・妊娠・出産>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(土肥修一)