[PR]

 温泉街の旅館や店先のおひな様を訪ね歩く「雛(ひな)めぐり」が15日、三朝温泉(三朝町)で始まった。今年は32軒が参加。江戸時代のひな人形や段飾り、ちぎり絵の内裏びななど様々なおひな様が観光客を楽しませている。3月15日まで。

 冬の温泉街を活性化しようと2009年に始まった。参加施設の一部で日帰り入浴料の半額やひなあられのプレゼントなどの特典のほか、10カ所回ると景品くじがひけるスタンプラリーがある。三朝館では七段飾りに加え、華やかな「つるしびな」も飾った。

 兵庫県明石市から訪れた女性会社員(32)は「SNSで友人に見せます」と撮影していた。問い合わせは三朝温泉観光協会(0858・43・0431)へ。