[PR]

 平昌冬季五輪は16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦(ANA)が自身の持つ世界最高記録(112・72点)に迫る111・68点を出して、首位に立った。元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は4回転2本を成功させ、107・58点で2位につけた。全日本選手権を連覇している宇野昌磨(トヨタ自動車)は104・17点の高得点をマークし、3位につけた。

 羽生は「スケートを滑る幸せな感じ、久しぶりに味わいました。とにかくやることはやった。得点とかではなく、できることはやった」と話した。

 最終第5グループの1番目に登場した羽生は冒頭で4回転ループの予定を4回転サルコーに変更して13・21点を稼ぎ、演技後半のトリプルアクセル(3回転半)で12・35点、4回転トーループ―3回転トーループの2連続ジャンプで18・63点を加点し、技術点は63・18点をマーク。演技構成点は5要素全て9点台で48・50点だった。

 宇野は4番目に登場し、冒頭の4回転フリップ、4回転トーループ―3回転トーループを着氷するなど、ジャンプをすべて成功させた。

 金博洋(中)は最終滑走で103・32点を出し4位。ロシアから個人資格で参加しているドミトリー・アリエフが冒頭で4回転ルッツ―3回転トーループの2連続ジャンプを成功させて19・47点を出すなど、98・98点で5位。前回ソチ大会銀メダルのパトリック・チャン(カナダ)は苦手のトリプルアクセル(3回転半)で転倒し90・01点で6位。ミハイル・コリャダ(ロシアから来た五輪選手)は4回転ジャンプにミスがあり86・69点で8位だった。

 羽生の直後に滑ったネーサン・チェン(米)はすべてのジャンプで失敗し82・27点で17位に落ち込んだ。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は冒頭の4回転サルコーで転倒し、80・05点で20位だった。