[PR]

 東京都中野区で2015年、劇団員女性が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた福島県矢吹町の無職戸倉高広被告(38)の裁判員裁判の初公判が16日、東京地裁(任介辰哉裁判長)で始まった。戸倉被告は殺害について起訴内容を認めた。

 起訴状によると、戸倉被告は同年8月25日午前0時50分ごろ、帰宅途中だったアルバイト店員で劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)を見かけた後、加賀谷さんの同区の自宅マンションに侵入。加賀谷さんを乱暴しようとしたが抵抗されたため、暴行を加えた上、首を扇風機のコードで絞め、殺害したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、戸倉被告は加賀谷さんと面識はなかったと指摘。被告は犯行後、証拠隠滅のため、現場から加賀谷さんの衣服などを持ち去ったと主張した。一方の弁護側は、被告は無料通信アプリのIDを交換するため、加賀谷さんに声をかけたが、大声を出されるなどしたため、犯行に及んだと述べた。(長谷文)