[PR]

 町田市議の議会活動を「見える化」しようと、早稲田大学マニフェスト研究所の学生有志ら3人が、各市議の議会発言の特徴がわかりやすく見られるウェブサイト「議会マイニングin町田」(http://www.maniken.jp/gikai_mining/machida/別ウインドウで開きます)を立ち上げた。

 18日告示、25日投開票の同市議選に向け、現職市議33人が2014年から約4年間の本会議や委員会の質疑で、どんな言葉を使ったかを「見える化」した。公開されている会議録検索システムから各市議の発言を抽出。使う回数の多い言葉について、二つの表現で見られるようにした。

 「ワードクラウド」は使った回数に応じた文字の大きさで表し、「関連ワード」はどんな文脈で使われたかをネットワーク状に示す。一度に4人まで表示でき、年ごと、議員ごとに見比べられる。閲覧ソフトのうち、「インターネットエクスプローラー」では動作しない場合がある。

 企画・製作した1人、早大公共…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら