[PR]

 将棋界初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、中学生棋士の藤井聡太五段(15)が17日、第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦準決勝で対戦する。長年、トップに君臨する王者と大型新人の公式戦初対戦は、約600人のファンを前に公開対局で行われる。

 東京都千代田区の有楽町朝日ホールを会場に、午前に準決勝、午後に決勝が行われる。もう一方の準決勝は、久保利明王将(42)―広瀬章人八段(31)戦。藤井五段以外は、名人への挑戦権を争うA級順位戦に所属するトップ棋士だ。

 羽生竜王は朝日杯で無類の強さを誇り、過去10回のうち5回優勝。藤井五段は、準々決勝で佐藤天彦名人(30)を破り、1次予選から8連勝で4強入りを果たした。優勝すれば、加藤一二三九段(78)の15歳10カ月を抜き、史上最年少(15歳6カ月)での「棋戦優勝」を達成する。また、同日付で史上最年少で六段に昇段する。

 羽生竜王は13日、永世七冠などの実績を認められて国民栄誉賞を受賞した。藤井五段は昨年、公式戦29連勝の新記録を作った。対戦について羽生竜王は「お客さんの前で指すということもあるので、張り切って対局を心待ちにしている」、藤井五段は「羽生竜王と対戦できるのは素晴らしいこと。自分の力を出し切るように頑張りたい」と話している。両者は非公式戦では対戦があり、1勝1敗だ。

 準決勝・決勝は公開で指される(チケットは完売)。

     ◇

 準決勝は午前10時30分に開始予定。ライブ中継と棋譜を朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/)でご覧になれます。(村瀬信也