[PR]

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)は16日、日本勢で最初に田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が登場し、80・05点だった。演技後の一問一答は次の通り。

 ――よく立て直したように見えました。どうでしたか

 「そうですね。どうしても最初のミスというのが悔しい部分だったので、でもあの失敗から引きずらないようにと思って滑りました」

 ――団体戦は経験しましたが、個人戦の空気は

 「いや、まったく違う雰囲気でした」

 ――その中で、まだフリーが残っています

 「そうですね。今日の失敗をし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも