大砂嵐に罰金50万円の略式命令 無免許運転で長野簡裁

[PR]

 長野県内で無免許で車を運転したとして道路交通法違反(無免許運転)の疑いで書類送検された大相撲の十両・大砂嵐(26)=エジプト出身、大嶽部屋=について、長野区検は16日、同法違反の罪で長野簡裁に略式起訴した。簡裁は同日付で罰金50万円の略式命令を出した。長野地検によると、大砂嵐は即日納付したという。

 地検によると、大砂嵐は1月1日に中野市付近、同3日に山ノ内町付近の道路で、国内で有効な運転免許証を持たずに乗用車を運転したとされる。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント