高ぶる宇野昌磨、羽生見て奮起 逆転V圏3位に

有料会員記事

渡辺芳枝
[PR]

(16日、平昌五輪フィギュアスケート・男子SP)

 いつもは淡々としている宇野昌磨トヨタ自動車)が、珍しく興奮していた。メダル候補がそろう最終グループ。直前には約4カ月ぶりにけがから復帰した羽生結弦(ANA)の完璧な演技を目の当たりにした。「今シーズンの中では、一番高ぶりがあったかな」。負けず嫌いの20歳が、燃えないわけがなかった。

 冒頭の4回転フリップ。9日にあった団体の男子ショートプログラム(SP)で手をついたジャンプをきれいに決めると、リズムに乗った。4回転―3回転の連続トーループジャンプを成功させ、トリプルアクセル(3回転半)ジャンプも何とかこらえた。「自分の満足いく演技が最後までできた」。自然とガッツポーズが飛び出した。

 今季、五輪に対して特別な感…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]