壊れていく妻の心、消えた笑顔 精神科を受診したけれど

有料会員記事

永田豊隆
[PR]

妻はサバイバー:2(マンスリーコラム)

 それは、人の心が壊れていく過程を見せられるようだった。

 私が帰宅すると、妻はデスクライトだけをともした暗い部屋にいた。

 目に涙を浮かべ、「衝動的に自殺しそうで怖いから、預かってほしい」。そう言って、手にしたカッターナイフを差し出した。

 妻の話に「あの男」という言葉が出てくるようになった。外に出ると、「歩いている人の顔が、あの男にみえる」とおびえた。しかし、独りで家にいると男が現れそうな気がして、ベランダから飛び降りたくなるという。

 唯一の癒やしだった過食嘔吐(おうと)も気持ちを鎮めてくれない。「怖い、怖い、どうしようもなく怖い」と震えた。

 妻が初めて、「精神科心療内科を受診する」と言い出した。

 ただし、条件が二つ。一つは…

この記事は有料会員記事です。残り3188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら