[PR]

〈基本的人権の保障〉国民主権、平和主義とともに、日本国憲法をつらぬく三大原理の一つ。人が生まれながらに持つ権利で、11条は「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない」とさだめ、「侵すことのできない永久の権利」と位置づけている。

 13条も「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、最大の尊重を必要とする」とさだめる。一方、「公共の福祉に反しない限り」と制限も。他人のお金を盗んで幸せになる、という権利はみとめないというのがそれだ。

 憲法に人権規定があるから「それでおしまい」ともいかない。12条で、国民の不断の努力により保持しなければならないとも強調している。また、スマホなど情報通信機器の普及にともない、プライバシーや「知る権利」といった「新しい人権」も誕生。権利と権利がぶつかり、社会問題化する場合がある。

こんなニュースも