[PR]

 石巻市にある県漁協3支所が4月にも、持続可能なカキ養殖を国内外に証明する「ASC認証」を取得する。南三陸町の志津川支所戸倉出張所が2年前に取ったのに続く国内2例目。取得後は、県産のほぼ半分が環境などに配慮した養殖との「お墨付き」を得ることになり、ブランド力の強化で消費拡大を図る狙いだ。

 認証を得る3支所は、石巻湾中央部と荻浜湾が漁場の石巻地区支所、石巻湾支所と石巻市東部支所。

 きっかけは、昨年6月にあった地区支所所属のカキ養殖漁師らと大手スーパー・イオンの担当者との話し合い。その際、資源の枯渇や環境汚染を招かず、労働環境にも配慮した養殖を世界的に広げる目的で2010年に設立された「水産養殖管理協議会」(ASC、本部・オランダ)による認証を勧められた。

 イオンは持続可能な商品の仕入…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース