[PR]

 メキシコで16日午後5時39分ごろ(日本時間17日午前8時39分ごろ)、同国南部オアハカ州を震源とする強い地震があった。米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・2、震源の深さは約24・6キロ。揺れは同国の広い地域で感じられ、首都メキシコ市では一時、多くの市民が建物の外に避難した。

 震源は州都オアハカ市から西に100キロ余りの場所。報道によると、揺れは隣国グアテマラでも感じられた。メキシコの防災当局によると、日本時間17日午後1時の段階で、建物の一部に被害が出ているが、死者は確認されていない。太平洋津波警報センターによると、この地震による津波の心配はないという。

 メキシコ市の住民によると、地震発生時、市内では避難を呼びかける警報が鳴り響き、多くの市民が建物の外に飛び出したという。

 また、AFP通信によると、内務相やオアハカ州知事らを乗せて震源地付近へ視察に向かったヘリコプターが墜落し、地上にいた2人が亡くなった。内務相らは無事だった。着陸態勢に入っていた時、高さ40メートル付近で機体のコントロールが失われたという。

 メキシコでは昨年9月7日、同国南部沖の太平洋を震源とするM8・1の強い地震が起き、オアハカ州を中心に約100人が死亡。同19日には同国中部でもM7・1の地震があり、メキシコ市などで300人以上が死亡した。(サンパウロ=田村剛)

     ◇

 17日朝、メキシコを震源とする地震が発生したことに関連し、気象庁は、日本への津波の影響はないと発表した。外務省によると、17日午前9時半現在、日本人の被害に関する情報は寄せられていないという。メキシコの在留邦人数は約1万1千人(2016年10月)。

 一方、旅行大手エイチ・アイ・エス(本社・東京)は、メキシコを訪れているツアー客全員の安全を確認したという。現地の支店から「メキシコ市で揺れがあったが現在は落ち着いている」と報告があったという。

こんなニュースも