[PR]

 下郷町の中山地区で16、17日の夜、日本夜景遺産の一つに数えられる「なかやま雪月火(せつげっか)」が開かれた。

 なかやま花の郷公園と周辺の段々畑などに並べられたミニかまくらは約2千基。住民やボランティアの人たちが、ロウソクに一つずつ灯をともした。

 雪原に幻想的なあかりが浮かび上がった。