[PR]

(17日、平昌五輪・フィギュア男子フリー)

 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)の銅メダルは、母国に捧げる快挙だった。

 「五輪のメダルを夢見て、自分の時間をささげてきた。スペイン史上初のフィギュアのメダルの喜びを、家族ら支えてくれた人たちと分かち合いたい」。スケートが盛んでない国で、開拓者の役割を担う。

 フリーで4回転サルコーが2回転になるミスが惜しまれるが、母国が舞台の小説「ドン・キホーテ」が原作の「ラ・マンチャの男」の曲に乗り、感情豊かな表現力で魅了した。

 羽生が「心からすごいと思える」と評する男だ。カナダ・トロントを拠点に、羽生より先にブライアン・オーサーコーチに師事してきた。「フェルナンデスは地道なジムでの筋トレとかが嫌い。だからテニスをさせる。家でテレビゲームをするよりいい」。オーサー氏がやる気を促すのに手を焼いた時期もあったが、今は違う。ソチ五輪4位の悔しさをバネに、翌年から世界選手権を2連覇。欧州選手権の連覇は6に伸びた。

 26歳。「年齢を重ね、勤勉に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら