[PR]

【有料会員の方はログインするとノーカット動画が視聴できます】

 中学生棋士の藤井聡太五段(15)が第11回朝日杯将棋オープン戦で優勝し、史上最年少の全棋士参加棋戦制覇・六段昇段を果たした。準決勝の羽生善治竜王(47)戦では、絶妙なタイミングで放った2度の「焦点の歩」で勝利をたぐり寄せた。(村上耕司)

 17日、東京・有楽町であった準決勝・決勝には、公開対局とあって、世紀の一戦を生で見ようと約600人のファンが詰めかけた。100人以上の報道陣が待ち構える中、2人が壇上に上がり、午前10時30分に対局開始。相居飛車の戦いとなった。

 中盤、1筋からの攻めで先にポ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら