羽生結弦、自分に勝った孤高の金「僕はアニメの熱血系」

有料会員記事

後藤太輔
[PR]

(17日、平昌五輪フィギュアスケート男子フリー)

 右手の指で「1」をつくった。羽生結弦(23)=ANA=は、それを天に向かって高く掲げた。

 「勝ったって思いました。自分に勝てたって」

 痛めていた右足首への不安や、スタミナ不足を否定するかのような滑りだった。フィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪連覇を誇った。

 右足首を痛めたのは、昨年11月のNHK杯の公式練習中。4回転ジャンプを着氷した際だった。「スケートに乗る不安が大きかった」と明かす。その右足で八つのジャンプ要素を着氷した。冒頭に4回転を二つ決めた。演技後半の4回転や最後の3回転は右足首がぐらついた。しかし、転ばずに耐えた。

 誰よりも高みを目指してきた…

この記事は有料会員記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]