[PR]

 金メダルが決まった瞬間、その目がみるみる潤んだ。17日に平昌五輪フィギュアスケート男子で2連覇を果たした羽生結弦(23)。支えてくれたコーチやスタッフに、応援してくれたファンに、ライバルたちに、そして痛みに耐えてくれた右足に――。すべてへの感謝の涙だった。

 演技を終えた羽生が、そっと右足首を両手で触った。

 「頑張ってくれて、ありがとう」

 昨年11月に痛めたところだ。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら