[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は17日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を取材する報道関係者の拠点、メインプレスセンターを訪れ、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長から提案を受けた南北首脳会談について「多くの期待があることは知っているが、(みなさん)気持ちが急ぎすぎているようだ」と述べた。

 国内外の記者団との懇談で外国メディアからの質問に答えた。文氏は、せっかちなことを言う韓国のことわざ「井戸からおこげを探す」との言葉も使った。南北首脳会談を行うかどうか、早急に判断すべきではないと強調した形だ。

 一方で、文氏は「米国と北韓(北朝鮮)との間でも対話が必要ということへの共感が少しずつ広がっている」「いま行っている南北対話が、米国と北の非核化の対話につながることを待望している」とも述べた。

 文氏はこの日、五輪関係者やボランティアを激励するため平昌を訪れた。(平昌=武田肇)

こんなニュースも