[PR]

 気象庁によると、冬型の気圧配置の影響で強い寒気が流れ込み、北陸地方では17日夜遅く、北日本では18日にかけて、雪をともなう非常に強い風が吹く見込みという。気象庁は猛吹雪などによる交通トラブルや暴風のほか、大雪やなだれにも注意、警戒するよう呼びかけている。

 17日午後の気象庁の発表によると、18日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道40メートル、東北地方35メートル、北陸地方35メートル。また18日午後6時までの24時間に予想される降雪量はそれぞれ多いところで、北陸地方70センチ、関東甲信地方60センチ、北海道や東北地方50センチという。

     ◇

 強い雪と風の影響で17日、北海道の道南地域で一時、国道などで車両が立ち往生した。

 北海道警によると、午後2時ごろから、北海道せたな町と今金町を通る国道229号と道道4本で、最大であわせて約70台が立ち往生した。国土交通省北海道開発局や道渡島総合振興局などが除雪にあたり、午後8時には立ち往生は解消されたという。