羽生結弦「4回転アクセルめざす」「プーさんは森に…」

有料記事

構成・藤田太郎
【動画】金メダル獲得から一夜明け、記者会見する羽生結弦=藤田太郎撮影
[PR]

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で、66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(ANA)が表彰から一夜明けた18日、平昌の日本オリンピック委員会(JOC)の施設で会見に臨んだ。4回転アクセルへの意欲とともに「もうちょっとだけ、自分の人生をスケートにかけたいなと思っています」と話し、セカンドキャリアについての考えも語った。主な一問一答は次の通り。

 ――一夜明けていかがですか?

 「ソチ五輪とは違う気持ちを込めて取りに行きました。最終的には自分の思い描いていた結果になり、メダルをかけていることが本当に幸せです」

 ――(海外メディアから)プーさんがたくさん投げ込まれましたが、どうしますか?

 「プーさんは森に帰します……。冗談です。僕がすべてを家に持って行くのは難しいです。いつも子どものチームなどに寄付しています」

 ――(海外メディアから)昨日は日本のマスコミのインタビューもあったと思いますが、どんな祝い方がありましたか? 今朝の気持ちは?

 「あまり寝られていないので、これから家族やチームメンバー、クラブのメンバーと祝うと思います。

夢がかなったことに、すごく満…

この記事は有料記事です。残り1543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]