[PR]

 タクシー運転手を殴ったとして、警視庁が17日、世耕弘成経済産業相の政策秘書(60)を暴行の疑いで現行犯逮捕していたことが、中野署への取材でわかった。署は翌18日に釈放した。

 署によると、秘書は17日午前2時過ぎ、中野区のJR東中野駅前で、タクシーから降車する際、50代の男性運転手の顔を数回殴った疑いがある。当時酒に酔っていたといい、運転手が取り押さえ、近くを通りかかった人が110番通報をした。運転手にけがはないという。

 世耕経産相は「被害者の方に心からお見舞いとおわびを申し上げたい。弁護士によると、本人は非常に深く反省しているということでした。被害者の方にしっかり寄り添って、しっかりと個人としての責任を果たしてほしいと思います」との談話を出した。