[PR]

 伊豆早春フラワーウォーキングの第2弾となる河津桜ウォークが18日、行われた。河津町浜の須佐乃男神社を出発し、同町湯ケ野の伊豆の踊子文学碑を折り返して同神社にゴールする往復17キロのコース。前日までの強風もおさまり、穏やかな日差しの中を約40人が歩いた。

 お目当ての桜は、早い木でも3分から4分咲きで、ようやく咲き出した木も多い。今年は一部の木が早めに咲き始めたが、先月からたびたび襲う寒波で足踏み状態が続いている。

 それでも、桜まつりが始まって河津川沿いの桜並木は観光客でだんだん混み合い出しており、参加者らは人混みを避けながら比較的咲いている木を探して歩いていた。