[PR]

 北九州市で2016年6月、女性2人の他殺体が見つかった事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われた無職三原賢志被告(44)の裁判員裁判の初公判が19日、福岡地裁小倉支部(鈴嶋晋一裁判長)であった。

 三原被告は「体を刺したのは亡くなった後で、殺意はなかった」と起訴内容を一部否認。弁護側は、死体損壊罪についても「覚醒剤やアルコール依存症の影響で責任能力がなかった」と無罪を主張した。検察側は冒頭陳述で「落ち度のない女性への犯行。残忍で悪質」と主張した。

 起訴状などによると、三原被告は15年5月~同年冬ごろ、北九州市八幡西区の市営団地の自宅で、知人の水谷公子さん(当時43~44)の胸部を刃物のようなもので刺して殺害し、遺体の一部を切り取ったとされる。また、16年6月5日ごろには知人の佐伯啓栄(ひろえ)さん(同45)の首を刺して殺害した後、胸部を切りつけたとされる。

 事件は、16年6月13日に三原被告の自宅を訪ねた男性が遺体を見つけて発覚した。三原被告は覚醒剤取締法違反(使用)罪でも起訴されている。