皇太子さまは23日、58歳の誕生日を迎え、これに先だって東京・元赤坂の東宮御所で記者会見に臨んだ。来年5月1日に新天皇に即位することが決まってから初の会見。「今後受け継がせていただく公務をしっかりと受け止め、その一つ一つに真摯(しんし)に取り組んでいく」と抱負を語った。

 代替わりの日程が決まり、改めて天皇、皇后両陛下の歩みに「深い感慨と敬意の念」を覚えたという。両陛下の姿勢や心構えなど「そのお姿をしっかりと心に刻み、今後私自身が活動していくのに当たって、常に心にとどめ、自己の研鑽(けんさん)に励みつつ、務めに取り組んでまいりたい」と話した。

 新しい時代の天皇のあり方については、「象徴であるという憲法の規定に思いを致して、国民と苦楽を共にしながら、国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切」との認識を示した。

 そのためには、「できるだけ多くの人々と接する機会を作ることが大切」とし、雅子さまと続けてきた被災地訪問などの機会を大切にしていくと述べた。

 また、長く続いた伝統を継承する一方で、社会の変化に対応した務めを考え、行動していくことも「その時代の皇室の役割」と述べた。これまで取り組んできた水問題や環境問題のほか、文化交流や国際親善でも「お役に立てればと思います」と意欲を示した。

 6月には結婚25周年を迎える。新皇后となる雅子さまは療養生活が続くが、「慎重に少しずつ活動の幅を広げていってほしい」と話した。(島康彦、緒方雄大)