千葉)英国の車いすバスケ代表、浦安で合宿へ 東京パラ

有料記事

長屋護
[PR]

 2020年東京パラリンピックに向けて、車いすバスケットボールの英国代表チームが事前キャンプを浦安市内で行うことで同市と合意し、19日に調印式が行われた。男女の両チームが19年2月と8月、20年8月に行う。期間中は市民と交流し、練習を公開する。

 16年のリオデジャネイロパラリンピックで英国男子は銅メダル、女子は4位の強豪。昨年8月に都内であった国際大会の際には男子が浦安市でキャンプをした。

 英国車いすバスケットボール協会の代表者ポール・デイビスさんは、練習施設やホテルの水準の高さ、バリアフリー化対応などを挙げ、浦安市が「最も適切な場所だ」と評価。女子チーム主将のソフィー・キャリギルさんは「車いすの移動がしやすい。素晴らしい施設で準備を整え、大会にのぞみたい」と語った。

 日本車いすバスケットボール…

この記事は有料記事です。残り108文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!