[PR]

 三重県は19日、鳥羽市浦村町の飲食店「喰(く)い処かき浜」で食べ放題の焼きガキなどを食べた旅行客ら36人が下痢や嘔吐(おうと)などを発症したと発表した。ノロウイルスによる集団食中毒と断定し、同日付で営業禁止処分にした。全員快方に向かっているという。

 県食品安全課によると、発症したのは愛知、岐阜、奈良、和歌山、滋賀、三重の少なくとも6県の18~78歳の男女。いずれも12日に焼きガキやカキご飯、カキフライなどを食べ、13~14日に発症した。店は焼きガキの食べ放題を提供しており、カキの加熱不足が原因となった可能性があるという。12日に来店した127人中62人の調査を終え、残る65人にも症状が出ていないか確認を急いでいる。

 鳥羽市によると、浦村町はカキの養殖が盛んで、焼きガキの食べ放題を提供する店が多く集まる観光の人気のスポット。