[PR]

 睡眠薬を使って気分を高揚させる乱用行為が起きている。若者の間では「眠剤ハイ」などと呼ばれ、昨年7月には大阪府内で錠剤を服用後に交通事故を起こして逮捕された少年が、「ハイになるために睡眠薬を飲んだ」と供述した。専門家は、依存症や発作などの危険性を指摘する。

意識もうろうと…事故

 昨年7月14日未明、堺市東区の市道脇のフェンスに乗用車が突っ込んだ。当時運転していたのは通信制高校3年の少年(18)。助手席に建設作業員の少年(19)が乗っていた。高校生の家族が駆けつけて車の中をのぞくと、少年2人が意識がもうろうとした状態でぐったりしていたという。

 2人は大阪府警の調べに対し、大阪市浪速区の路上で、本来は医師の処方が必要な睡眠薬140錠を「密売人」から約1万1千円で購入したと説明。高校生は建設作業員の少年から、睡眠薬を飲んで眠気を我慢すれば気分が高揚すると聞いたといい、「ハイになるために何度かに分けて数錠ずつ飲んだ。バイト先の人間関係でむしゃくしゃしていた」と話し、堺市内に戻る途中に意識がもうろうとして事故を起こしたという。

 府警は、睡眠薬の影響で正常な運転ができない状態だったとして、高校生を道路交通法違反(過労運転等の禁止)の容疑で逮捕。また、建設作業員の少年についても薬を渡したとして、同幇助(ほうじょ)の疑いで書類送検した。

 少年らが睡眠薬を手に入れた浪速区のJR新今宮駅の近くには、かつて覚醒剤などの薬物の密売が多かったとされる地区がある。現在は密売は大幅に減ったとみられるという。一方、管轄する署の幹部は「最近は地区の路上で睡眠薬を販売しているとの情報もあるが、移動を繰り返しているとみられ実態がつかみづらい」と話す。

■ネットにも書…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら