[PR]

 高知医療センター(高知市池)は19日、昨年末に手術した県内在住の50代の女性に対する食道がん手術で、医師が誤って胃の血管を切る事故があったと、県・高知市病院企業団議会で報告した。女性は事故のために胃をすべて摘出した。センターは女性に謝罪し、賠償金を支払う方針。

 センターによると、女性はがんの患部がある食道と胃の一部を取り除く手術を受けた。手術は5人の医師が担当したが、医師の1人が「胃をすべて摘出する手術」と勘違いし、胃の一部を残すのに必要な血管を誤って切断した。医師らはすぐにミスに気づいたが、胃はすべて摘出しないといけない状態になった。女性は現在は退院し、自宅で療養中だという。

 センターによると、手術を担当した医師らに懲戒処分はなく、口頭で注意したという。(森岡みづほ)